業務案内WORKS

透明性を確保した業務遂行で、
最適な維持保全を実現します。

建物は定期的に調査・メンテナンスしなければ、経年とともに劣化し、資産価値が低下してしまいます。タイル建物研究所では、資産価値の向上につながる最適な維持保全のために、高い透明性を確保した対応で各種業務に取り組んでいます。

透明性を確保した業務遂行で、最適な維持保全を実現します。

改修コンサルタント

改修コンサルタント

タイルの不具合を把握し、費用負担の軽減を図ります。

外壁タイルや漏水などの故障、維持管理の不具合について、現場調査や必要に応じて建物履歴調査や材料分析等を行い、最も可能性の高い不具合原因の客観的根拠を探ります。部分の問題から全体の将来像までを、建物ユーザの立場に立って情報を提供しアドバイスを行います。
故障修理に必要な工事費用の負担分担についての協議や仲裁も行います。

アドバイスの一例を見る

材料試験・分析

材料試験・分析

現場サンプリングと各種物性試験により、
使用建材成分や性能を分析し、建物に対する影響度を
明確にします。

タイル建物研究所では、関係部位および材料のさまざまな物性試験を行っています。これまでの経験で培ってきたデータ分析力を活かし、客観的な見地から建物の現状を把握します。

材料試験・分析の内容
  • コンクリートの圧縮強度試験
  • タイル施工時の接着剤等分析試験
  • 鉄筋配筋適正存否調査
  • コンクリート・モルタルの混和剤分析
  • コンクリート中性化試験
  • 温湿度・含水率による劣化状況の判定調査
  • タイル故障部位の供試体の採取

劣化調査診断

劣化調査診断

建物の現状を、経験と技術の専門技術者の目で調べます。

建物の故障原因は、目に見えない部分に劣化が起きている場合が少なくありません。そのまま劣化症状を放置していると、重大な事故につながってしまいます。タイル建物研究所では根本的な問題解決のため、劣化調査診断を通して原因の特定に努めています。

タイル建物研究所ならではの技術を見る

設計監理

設計監理

客観的な現状分析と、建物やユーザーの実情に応じて
もっともふさわしい修繕設計をいたします。

タイル建物研究所では、現場での客観的な現状分析と、建物やユーザーの実情に応じた、最適な修繕設計をいたします。その上で、最もふさわしい工事会社を公正に選定するための情報収集と整理を行い、皆様が納得できる工事を実現します。
工事中には、仕様書およびスケジュール通りに工事を進めているのかを第三者の視点から厳しく監理しています。管理組合様や建物オーナー様にご安心いただけるよう、万が一不備などがあれば工事会社を指導し、是正を図ります。

修繕設計の詳細を見る

長期修繕計画

長期修繕計画

標準マニュアルではなく、
より実効性のある計画を立案します。

マンションの現状に合わせて、長期修繕計画を見直していますか?特にマンションの場合は、計画立案が国土交通省により管理組合の責務として定められています。建設年度によって耐久性能も異なります。もしも作成から5年以上経過しているのなら要注意。タイル建物研究所では、快適な住環境づくりと資産価値向上につながる、建物の長期修繕計画の作成・見直しを承っています。

長期的な目でマンションの維持を考える

特殊建築物定期調査

特殊建築物定期調査

危険を未然に防ぐために、
法定定期検査を実施しましょう。

タイル建物研究所では、特殊建築物等の定期調査報告業務を承っております。建築物の所有者・管理者は定期的に建物の敷地や構造、設備が適法な状態か点検し、その結果を特定行政庁に報告しなければなりません。特殊建築物定期調査なら、弊社にご用命ください。

定期調査報告業務とは?

※マンション等の場合の調査報告義務(平成20年国土交通省告示第282号)

  • (1) 手の届く範囲を打診。その他を目視で調査する。
    (もし異常があれば落下により気概のある部分を全面打診)
  • (2) 竣工後10年を超え、かつ3年以内に危害の恐れのある部分の全面打診をしていない場合は、その部分を全面打診(ただし3年以内に外壁改修が確実な場合を除く)